Saranokikai BBS
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お 名 前
Eメール
題 名
本 文
参照先
暗証キー (あとで消したい時に必要です)

[4] 東大阪支部コンサートの中止のお知らせ 投稿者:東大阪支部長 山野琴衣 投稿日:2018/09/28(Fri) 11:26  

皆様、平素はたいへんお世話になり有難うございます。

さてこの度台風24号が、次の日曜日に近畿に直撃する予想の為、
9/30(日)14時から相愛学園本町講堂で開催予定の「沙羅の木会東大阪支部コンサート」を中止させて頂く決断を致しました。

誠に残念ですが、お越し頂くお客様の安全が第一と考え決定させて頂きました。
延期の予定は未定ですが、またもし開催されることになりましたら、
改めてご案内させて頂きます。

ご招待、お誘いさせて頂きました皆様方、各種団体様にはたいへん申し訳ありませんが、ご了承頂きますよう取り急ぎご連絡させて頂きます。

どうぞ皆様、被害に合われませんようお念じ申し上げます。


[3] シュナイダー先生の件 投稿者:IT役員 小西淳子 投稿日:2018/09/20(Thu) 13:52  

中田様、レクチャー情報ありがとうございます。
エタ・ハーリッヒ・シュナイダー先生のお名前は、私が沙羅の木会の
HPを手がけた12年前に初めて伺いました。
沙羅の木会所蔵の数少ないシュナイダー先生のお写真も、当サイト「100年の歩み」コンテンツ内に掲載させて頂いておりますので
どうぞご覧ください。

シュナイダー先生はチェンバロの演奏、指導のみならず、いろいろ調べて行くうちに、
越後地方の瞽女(ごぜ・・・・今はもうおられませんが、かつて存在した盲目の女性旅芸人の組織)を訪ねられて、
日本の郷土文化にも触れられたという記事を見つけて仰天しました。

80年も昔にドイツと日本を音楽で繋がれた先生の偉大な業績を取り上げるレクチャーは大変意義のある内容と存じます。
ご盛会をお祈り致します。

ご参考までに。
https://n-story.jp/topic/84/page2.php

http://saranokikai.com/100history1.html


[2] 相愛女専の教師であったエタ・ハーリッヒ=シュナイダー女史のお話もございます。 投稿者:中田聖子 投稿日:2018/09/20(Thu) 02:32  

2001年卒の中田聖子です。所属団体のご案内で恐縮ではございますが(不適切でしたら、削除してください)、
2018年10/6に神戸で日本チェンバロ協会の例会がございます。
(私は今年度運営を担当しております)
本例会は、日本のチェンバロ受容史について調査研究されている梅岡俊彦氏をお迎えしてのレクチャーとして開催されるのですが、相愛女専の講師をされていたエタ・ハーリッヒ=シュナイダー先生のお話も関係するレクチャー内容です。
今回はどなたでもご参加いただける例会ですので、エタ・ハーリッヒ=シュナイダー先生の時代の音楽界のお話にご興味ある方がおられましたら、是非お越しください。

----

「2018年 第3回 (通算 第35回) 日本チェンバロ協会例会」
「日本のチェンバロの歴史は関西から始まった!」
〜昭和初期我国でのチェンバロブームを検証する〜

・日時 : 2018年 10月6日(土) 15:00 〜 17:00 (受付開始時刻14:30)
・会場 : テアトルラモー
(神戸市灘区深田町1丁目1-11 ハニービーガーデンB1F)
JR神戸線「六甲道」駅より徒歩5分
http://collegiumrameaukobe.jp/theatre-rameau/

・講師 : 梅岡 俊彦 (チェンバロ調律師)

昭和11年、神戸在住のスイス人レネ・フランクが日本初と思われるチェンバロをドイツから入手し関西で演奏活動を始めました。そしてその後京都の中瀬古和が日本人初のチェンバロ奏者として舞台に上がり、続いて大阪の永井静子もラジオに出演します。昭和16年には日本初の本格的チェンバロ奏者、エタ・ハーリッヒ=シュナイダーは来日直後にオケを率いて京阪神3か所でリサイタルを開催、9月には大阪の相愛女専の教師に就任します。また昭和16年末には早くも伊丹のピアノ工場の片隅でクラヴィコードも製作されたようです。
このように当時関西では東京を凌駕する熱いチェンバロ(古楽)ブームがあったと思われます。
今回は当時の貴重な資料とレコードを使い昭和初期の関西でのチェンバロブームを検証するレクチャーを行なっていただける予定です。
又、1930年英国製の大型蓄音器(EMGmark\)を使っての当時の日本の愛好家達が愛聴した様々な古楽演奏レコードもかける準備もしてくださっています。

・定員 60名 (要予約)

・参加費
 日本チェンバロ協会 会員・学生会員 : 無料
 日本チェンバロ協会 サポーター : 1,000 円
 一般 : 2,000 円
 一般 学生 : 1,000 円
  ※ 当日受付にて会員証、学生証のご提示をお願い致します。
 ☆ 2018年 9月1日 お申し込み受付開始

・ご予約・お問い合わせ
 E-mail : cembalo_events@yahoo.co.jp
 ☆ご予約の際は「第 35 回 (10 月 6 日 ) 例会申し込み」とタイトルに明記の上、ご送信ください。

(・主催 : 日本チェンバロ協会 ・協力 : テアトルラモー)

https://japanharpsichordsociety.jimdo.com/2018/08/23/2018年-第3回-通算-第35回-例会-日本のチェンバロの歴史は関西から始まった-昭和初期我国でのチェンバロブームを検証する/


[1] 掲示板リセット 投稿者:IT役員 小西淳子 投稿日:2018/09/04(Tue) 05:48  

スパム投稿が続きましたので、リセットさせていただきました。



処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -